ブログカテゴリ:ict


07日 9月 2018
2018年9月7日の公明新聞に掲載されました。 農作物のサル被害 輿水氏ら対策探る 栃木県・那須塩原市
21日 4月 2018
2018年4月21日の公明新聞に掲載されました。 暮らしを守る先端技術 山口代表ら 都内の展示展示を視察
25日 3月 2018
公明党熊谷支部の皆様とともに、認知症サポーター養成講座を受講させて頂きました。現在、認知症の方は約460万人、認知症サポーターは約1万人とのこと。高齢化が進展する日本において、認知症に対する理解を深め、様々な場面で冷静に適切な対処が出来る方を養成することは大変に重要なことであり、改めて一人でも多くの皆様に受講して頂くことが必要であると思いました。
18日 3月 2018
「認知症の人と家族の会」が主催する研修会にて、作業療法の視点での認知症への寄り添い方(在宅介護のための手立て)についてお話を伺いました。人は、様々な病気や老化により、様々な機能障害がおこり、生活上の様々な楽しみや役割が失われますが、この変化の中で毎日の活動を継続できるように、様々な工夫や努力を重ねることを作業療法と言います。
15日 3月 2018
地域で評判の特別養護老人ホームを見学させて頂きました。各部屋からトイレにすぐに行けるように1ユニットに3箇所、また災害時対応用の共用トイレも2箇所のあり、1フロア14箇所のトイレが整備されていました。ユニットとユニットの間に共有の介護職員室が設置され、画像による見守りも行われておりました。
04日 3月 2018
医療的ケアが必要な子供たちの教育の現場を訪問させて頂きました。ICTを活用してのタブレット教材やコミュニケーションツールの導入で、一人一人の個性に合った教育が進められていました。尚、看護師が付いていても、子どもの呼吸器の取り扱いは母親しか出来ない現状について、母親の自由な時間を少しでも確保するために、制度改革の必要性を強く感じました。
28日 2月 2018
2018年2月28日の公明新聞に掲載されました。 ICTで「在宅」の質向上 党委員会で武藤医師 遠隔診察の特長を強調
28日 2月 2018
高齢者のゴミ出し支援など、様々な生活の現場で市民を支えるためのICTの利活用について、つくば市の皆様と懇談をさせて頂きました。つくば市役所では、尿検査を自動で行い一人一人の体調を管理するIoTトイレの実証実験や、観光客等の足としてセグウェイ(モビリティロボット)の導入についても調査研究が進められていました。
22日 2月 2018
2018年2月22日の公明新聞に掲載されました。 技術革新の挑戦を応援 太田議長 ICT研究の成果視察
10日 9月 2017
2017年9月10日の公明新聞に掲載されました。 自動運転 実用化後押し 栃木で輿水、宮崎氏ら 道の駅での実証実験調査

さらに表示する