ブログカテゴリ:安全


19日 7月 2015
岩手県の滝沢市の「あいはら孝彦」市議会議員(候補)の選挙遊説第一声に参加させて頂きました。雨の日も雪の日も休むことなく10年間、毎朝、信号のない横断歩道に立って、地域の小学生を守るために誘導旗を振り続けてきた「あいはら孝彦」は、高齢者が生きがいを持って楽しく生活でき、若い世代が安心して子どもを生み育てられ、子どもたちが夢と希望に輝く滝沢市を、誰よりも誠実に、誰よりも真剣に、守り開いて参ります!
24日 6月 2015
さいたま市の大宮ソニックシティビル会議室にて、地域の事業者の皆様を対象としたセミナー(グローカル・パースペクティブ・セミナー)を開催させて頂きました。グローカル・パースペクティブとは「地球規模で考え、将来を見通し、地域の繁栄と発展の道を開く、確かな展望」という意味あいです。...
15日 6月 2015
公明党栃木県本部の議員総会に出席させて頂き、平和安全法制について、「個人として尊重される生命、自由、幸福追求に対する国民の権利は、国政上、最大の尊重を必要とする」との憲法13条と憲法9条のもとでの、自衛の措置のあり方と限界を明確に定め、将来に亘る平和国家としての繁栄と発展のための基軸となる法律の整備の重要性について意見交換をさせて頂きました。「政治は何のためにあるのか、それは民衆の幸福のためにある」との原点を見失うことなく、公明党栃木県本部の議員の皆様と心を合わせて、誠実に真剣に働き抜いて参ります。 【追伸】今回の統一選で議員を勇退された大先輩の皆様の、一人一人のために走り抜いて来られた活動の歴史と、新たな立場で地域への貢献を誓う姿に心から感動致しました。
29日 5月 2015
公明党の埼玉県本部、嵐山支部の党員会に、鶴ヶ島市の五傳木議員、小川町の山口議員と高橋議員、ときがわ町の小島議員、嵐山町の畠山議員、と共に出席させて頂きました。日々の議員活動におけるエピソードの紹介と共に、社会保障改革や平和安全法制における公明党の働きについて説明をさせて頂きました。素晴らしい嵐山支部の皆様と共に、地域に根を張り一人一人の生活に寄り添いながら、安心して暮らせる地域のために、そして平和な社会を守り抜くために、全力を尽くして参ります。