カテゴリ:在宅



18日 3月 2018
「認知症の人と家族の会」が主催する研修会にて、作業療法の視点での認知症への寄り添い方(在宅介護のための手立て)についてお話を伺いました。人は、様々な病気や老化により、様々な機能障害がおこり、生活上の様々な楽しみや役割が失われますが、この変化の中で毎日の活動を継続できるように、様々な工夫や努力を重ねることを作業療法と言います。
23日 10月 2015
2015年10月23日の公明新聞に掲載されました。 <38の医療行為>看護師の判断で可能に 在宅、地域ケア充実に期待
18日 2月 2015
2015年2月18日の公明新聞に掲載されました。 [個人情報]保護と活用に配慮 党合同会議が改正案を了承
25日 1月 2015
ご主人の筋萎縮性側索硬化症(ALS ー...
17日 8月 2014
「家に帰りたい!家に帰してあげたい!〜ナースの意識が変わると地域が変わる!」と題しての第15回湘南在宅ケアセミナーに参加させて頂きました。病院から在宅へ、施設完結型から地域完結型へ、医療と介護の連携のためのコーディネートを行う上で、看護師の役割の大きさを実感致しました。...
25日 6月 2014
会長が経営する会社は「保険調剤」「在宅医療」「介護・福祉」のネットワークで、地域の医療と介護をトータルサポートということで薬剤師の方々が、ケアマネージャーの資格を持ち、退院後の在宅医療や介護サービスの相談など地域の人々を守っております。
13日 5月 2014
全国在宅療養支援診療所連絡会の会長様、デイサービス、ヘルパー連絡代表世話人等、介護の現場で働く参考人の方々からのご意見をお聞きしました。 質疑では、特に今問題となっている認知症に対しての現場のお声をお聞きしました。
12日 3月 2014
2014年3月12日の公明新聞に掲載されました。 情報通信技術 ICT活用し在宅医療 東京・世田谷区のクリニック 古屋さんらが視察 スマホで多職種が連携