3.日本の高齢化における今後の課題

(1)我が国の総人口と高齢化率の推移

高齢化率は年々増加しますが、日本の人口自体は減少傾向にあります。

(1)我が国の総人口と高齢化率の推移

(2)生産年齢人口の減少

生産年齢人口も減少して参ります。たとえば、建築や農業など、若者の担い手が不足します。

(2)生産年齢人口の減少

(3)「国の借金」の推移

年々、国の借金も増加しています。2013年6月には借金が1,000兆円を突破。このままではやがて日本は破綻してしまいます。

(3)「国の借金」の推移

(4)社会保障給付費の増加

高齢者が人口が増加すれば、当然、介護や医療といった社会保障給付費も増加してきます。2025年には150兆円を超え、社会保障の「公助」や保険等の「共助」では難しくなってきます。地域による支え合い「互助」や、一人一人の自覚により健康への意識を高め病気等を予防して行く「自助」が重要になって参ります。ここをどう乗り越えていくのかが課題となります。

(4)死亡数の年次推移
3.日本の高齢化における今後の課題
このページをダウンロードする
3.日本の高齢化における今後の課題.pdf
PDFファイル 385.1 KB