2.日本の高齢化の現状と今後

(1)人口ピラミッドの変化

2030年のになると総人口は減りますが、団塊の世代や団塊の世代ジュニアが一気に高齢化してきます。ここを支える、耐えられる日本をいかに作って行くのかが課題です。

(1)人口ピラミッドの変化

(2)日本の高齢者人口

下のグラフを見て頂くと、高齢者の人口が2015年→2025年にかけて増加します。特に75歳以上を占める割合が半分以上。75歳を過ぎると、統計的に病気や怪我、認知症の発症などの確率が上がって来ます。

(2)日本の高齢者人口

(3)認知症高齢者の日常生活自立度II以上の高齢者数の推移

※カッコ内は65歳以上人口対比

認知症の人口は、2015年に345万人から、2025年には470万人になると推定されています。65歳以上の人口比率の増加とともに、認知症の割合も増えていることがわかります。ここにどう地域で対応していくのかという課題もあります。

(3)認知症高齢者の日常生活自立度II以上の高齢者数の推移

(4)死亡数の年次推移

2015年に100万人を超えた死亡数の年次推移は2025年には126万人を超えます。あとのグラフにも出て来ますが、まずはこういった日本の現状を把握頂ければと思います。

(4)死亡数の年次推移
2.日本の高齢化の現状と今後
このページをダウンロードする
2.日本の高齢化の現状と今後.pdf
PDFファイル 605.6 KB