1.はじめに

国連機関の一つである国連児童基金(UNICEF:ユニセフ)は、世界中で貧困や紛争などにより厳しい生活環境下に置かれている子どもたちを、病気や暴力から守り、夢と希望を持って人生の再スタートを切り、社会で活躍することができるようにするために、

 

①保健

②栄養

③教育

④水と衛生

⑤HIV/エイズ

⑥子どもの保護

⑦ソーシャル・インクルージョン(隔離や排除ではなく共に助け合って生きる考え方)

 

の7つの分野に重点を置いて支援活動を進めています。

 

今回、ユニセフ議員連盟の一員として、自由民主党のあべ俊子衆議院議員と共に、ユニセフの皆様をはじめ、パレスチナ、イスラエル、ヨルダン、外務省・現地大使館の絶大なるご協力のもと、パレスチナのカザ地区・西岸地区とヨルダンのザータリ・シリア難民キャンプに行かせて頂きました。

 

ユニセフの難民支援の現場を訪問させて頂き、支援の一つ一つが各地域の弱い立場にいる子どもや母親の命と希望を守る重要な役割を果たしていること、そして如何に環境が厳しくとも元気に明るく生き抜いている子どもたちがそこに居ることに、心から感動いたしました。

 

この訪問を通して、難民の子どもたちに対する支援の継続と同時に、この子どもたちが大きく成長し将来の中東地域の平和の要として活躍できるような、中長期的な視野に立った総合的な支援の必要性を感じました。

 

すべての国々が、すべての子どもや青年へ、非暴力を大前提にした教育と就労機会を創出しながら、時を重ねやがて新しい世代による平和と安定への対話が展開され、あらゆる困難な課題が「寛容な心」と「信頼と友情」で大きく包まれる時代を展望し、ユニセフの活動を全力で支えて行きたいと考えています。大変にありがとうございました。

 

日程並びに個々の視察についての所見を添付させて頂きましたので、是非御覧ください。

 

2016年10月20日

公明党 衆議院議員 輿水恵一